日焼け止め サプリ

日焼け予防にサプリがおススメな理由

日焼け止め サプリ

 

一年を通して紫外線対策をするのは大変ですよね。
SPFが高い物ほど落としにくいし、
毎日のことだから手間になってしまいます。

 

日焼け対策になるサプリがあるのはご存知でしょうか?
手軽に紫外線対策が出来、クリームや乳液より
メリットも多くモデルさんや女優さんも愛用者が急増中です

 

では具体的に日焼け止めサプリにはどんなメリットがあるのでしょう?

 

アトピーや肌トラブルの方も安心

 

アトピーや肌トラブルを抱えている人の肌は、バリア機能が低下していて、
日焼け止めクリームに配合されている界面活性剤や
添加物などが刺激になり、肌の状態を悪化させてしまうこ可能があります。

 

日焼け止めクリームは「紫外線吸収剤」という成分が大半を占めています。
これは紫外線を吸収し熱エネルギーに換える機能がありますが、
敏感肌やアトピー性皮膚炎の人の肌にはひりひりしたり、
かぶれてしまったり、かゆみを感じてしまうことがありますので注意が必要です。

 

そこで、毎朝お出かけまでに摂取するだけで、
日焼け止めと同じ効果のある紫外線対策サプリがとてもおすすめなのです。
身体の内側から紫外線対策をしてくれるので、
肌の弱い人やアトピー肌の人でも安心して使って頂けます。

 

 

乳液やクリームの塗り残しの心配も無用

 

顔や身体全てにクリームなどを塗るのは大変な作業です。
暑い日に薄い物を着用している場合、
首回りや背中まで塗らなければ効果がありません。

 

しかし、日焼け止めが出来る紫外線対策サプリなら、
飲むだけで全身の日焼け止め効果を得られるので、
忙しい朝でも簡単に摂取できます。

 

うっかり塗り忘れた!なんてことにはなりませんし、
バッグのポーチの中に日焼け止めクリームを入れておかなくても良いのです。

 

暑い日の海やレジャースポットで、
汗で流れたクリームの塗り直しなども必要ありません。

 

 

毎日クリームを塗る必要が無く手軽に紫外線対策

 

毎日紫外線対策の出来るサプリを摂取していれば、
毎日日焼け止めクリームを塗る必要がなくなります。

 

全身に使う日焼け止めクリーム、ドラッグストアの安い物でも
1本600円前後、百貨店などの高価なブランドの物は
1本3000円以上しますよね。

 

それを全身に使うとなると、とても1本では足りません。
かなり痛い出費になってしまいます。

 

顔用、全身用など、どこに使うかでも違う種類を購入する必要もあります。
しかし、サプリなら日焼け止めクリームが必要なくなります。
ブランドにより異なりますが一日1粒から2粒で一日の紫外線対策が終わりです。

 

クリームを塗る手間、そして塗り直しの手間がなくなります。
とても手軽に紫外線対策が出来るんですね。

 

 

まとめ

 

紫外線対策サプリを飲めば、日焼け止めクリームを
塗る手間がなくなり、更にクレンジングの必要もなくなります。

 

しかも、身体の内側から紫外線対策が出来るため、
日焼け止めによる肌への負担がなくなります。

 

毎日のことですから、かんたんに紫外線対策出来るサプリ。
この機会に試してみると良いかもしれません。

 

関連ページ

SPFが高いと肌トラブルのリスクも高まる
日焼け止めクリームを購入する時に見ているSPF値。 何だかよく分からないけど高い方が日焼け止め効果が高いと思っていませんか?実はSPFが高い日焼け止めクリームを使用し続けると肌トラブルの原因になります。
意外と知らない!日焼け止めクリームの病気のリスク
日差しが強くなってくると女子の必需品の日焼け止めクリームや日焼止め効果のある乳液下地などですが、実は塗り過ぎてしまうとビタミンD不足になってしまうことを知っていますか?日焼けクリームによる病気のリスクを考えます。
飲む日焼け止めサプリは美容成分も補給できます
飲む日焼け止めサプリは決まった量を服用するだけで、日焼け止めクリームを塗ったのと同様に紫外線対策をすることが出来ます。しかも、全身に効果がありますので、日焼け止めクリームを塗りにくい背中だけでなく、目の中まで紫外線対策が出来るのです。さらに美容にも働きかける成分も!
日焼け予防に効果がある代表的な成分
強い紫外線を長時間浴び続けると、シミやソバカスの原因になるだけではありません。最近はオゾン層の破壊が危惧されていますので、UVCという皮膚がんや皮膚病の原因になる紫外線C波が地上まで届くことが心配されています。しっかりとした紫外線対策をするために、有効な成分を知っておきましょう。
日焼け止めサプリは赤ちゃんにも使える?
赤ちゃんの日焼け止め対策していますか?赤ちゃんの肌は大人と違い、肌がまだ未熟で、皮膚の厚さも薄くバリア機能も完全ではありません。そこに強い紫外線を浴びてしまうと、日焼けをしてしまうだけではなく、赤くなってしまったり、乾燥が進んでしまったりしてしまいます。今回は赤ちゃんの日焼け予防をまとめました。
妊娠中は日焼け止めサプリは控えましょう
妊娠中の紫外線対策はどうしていますか?妊娠中は身体の中の防御作用が高まるため、メラニン生成が活発化しています。妊娠してからシミが濃くなったり、そばかすが増えてしまったり、顔がくすんでしまったりした人も多いかと思います。妊娠中の日焼けについて考えてみました。