日焼け止め 妊娠中

妊娠中は日焼け止めサプリは控えましょう

日焼け止め サプリ

 

妊娠中の紫外線対策はどうしていますか?
妊娠中は身体の中の防御作用が高まるため、
メラニン生成が活発化しています。

 

妊娠してからシミが濃くなったり、そばかすが増えてしまったり、
顔がくすんでしまったりした人も多いかと思います。

 

だからこそ紫外線対策をしっかり
行いたいという女性も多いはずです。
最近では、服用するだけで全身の日焼け止め効果があるサプリがあります。

 

毎朝決まった量を服用するだけで1日の紫外線対策が出来
とっても手軽で手間もないため、出来れば妊娠中でも使っていたいですよね。

 

しかし、日焼け止めサプリの中には妊娠中・授乳中の
服用は控えて欲しいという記載がある物もあります。

 

日焼け止めサプリは、身体に良い成分や、自然由来の成分で
作られていますので、小さなお子さんでも飲んでも大丈夫な物が多いのですが、
その中にローズマリー葉という子宮の収縮を促す作用のある成分が
含まれていることがあります。

 

 

急激に作用するような量は含まれていなくとも、
人によっては危険に繋がることもあるかもしれませんので、
妊娠の可能性がある人は服用を控えた方が良いでしょう。

 

 

また、妊娠に影響ののある成分が配合されていなくても、
サプリメントを使用する前に産婦人科の先生に服用をしても大丈夫か
確認した方が安心出来ると思います。

 

 

また、日光浴は身体の中でビタミンDを作るのにとても大切なことなので、
定期的に外に太陽の光を浴びに出かけるのも必要であります。

 

カルシウムを取り込むのに必要なビタミンDは日光浴をすることにより生成されます。

 

妊娠中にカルシウムをしっかり取ることはとても大切ですが、
ビタミンDがなければ意味がなくなってしまいます。

 

妊娠出産で歯が欠けたという話をよく耳にします。
カルシウムは歯は骨を作るのにとても大切な成分です。

 

身体の中の栄養をお腹の臍の緒を通して子供に渡していますので、
カルシウムを含まれた食材を食べ、太陽の光を浴びましょう。

 

日焼け止めサプリはとても手軽で、妊娠中の敏感になった
肌に日焼け止めクリームを塗らなくて良いという便利な紫外線対策ではあります。

 

 

しかし、ちょっとしたデメリットもあるため、お腹の子供のためにも
出産後しばらく経ち、体調も落ち着いてきてからをおすすめします。

 

 

それまでは敏感肌用などの軽い使用感の
日焼け止めクリームを必要に応じて使うようにしましょう。

関連ページ

日焼け予防にサプリがおススメな理由
一年を通して紫外線対策をするのは大変ですよね。SPFが高い物ほど落としにくいし、毎日のことだから手間になってしまいます。日焼け対策になるサプリがあるのを知っていますか?お手軽に取れるし、とてもおすすめなんですよ。
SPFが高いと肌トラブルのリスクも高まる
日焼け止めクリームを購入する時に見ているSPF値。 何だかよく分からないけど高い方が日焼け止め効果が高いと思っていませんか?実はSPFが高い日焼け止めクリームを使用し続けると肌トラブルの原因になります。
意外と知らない!日焼け止めクリームの病気のリスク
日差しが強くなってくると女子の必需品の日焼け止めクリームや日焼止め効果のある乳液下地などですが、実は塗り過ぎてしまうとビタミンD不足になってしまうことを知っていますか?日焼けクリームによる病気のリスクを考えます。
飲む日焼け止めサプリは美容成分も補給できます
飲む日焼け止めサプリは決まった量を服用するだけで、日焼け止めクリームを塗ったのと同様に紫外線対策をすることが出来ます。しかも、全身に効果がありますので、日焼け止めクリームを塗りにくい背中だけでなく、目の中まで紫外線対策が出来るのです。さらに美容にも働きかける成分も!
日焼け予防に効果がある代表的な成分
強い紫外線を長時間浴び続けると、シミやソバカスの原因になるだけではありません。最近はオゾン層の破壊が危惧されていますので、UVCという皮膚がんや皮膚病の原因になる紫外線C波が地上まで届くことが心配されています。しっかりとした紫外線対策をするために、有効な成分を知っておきましょう。
日焼け止めサプリは赤ちゃんにも使える?
赤ちゃんの日焼け止め対策していますか?赤ちゃんの肌は大人と違い、肌がまだ未熟で、皮膚の厚さも薄くバリア機能も完全ではありません。そこに強い紫外線を浴びてしまうと、日焼けをしてしまうだけではなく、赤くなってしまったり、乾燥が進んでしまったりしてしまいます。今回は赤ちゃんの日焼け予防をまとめました。